八幡平の作り手 伝統の技継承する 岩手山の伏流水と米で醸す
わしの尾の「日本酒」
株式会社わしの尾 工藤朋さん

メーカーの場所 イメージ写真

原料は米と水。
だから、醸造の過程のひとつひとつが大切になる。
蔵元と杜氏の想いが込められ、地元の人たちに愛されるのは、
真摯に米づくりから酒造りまでを行っているからだ。

暮らしとともにある
「わしの尾」の酒

 八幡平市の南部に位置する大更地区。9月中旬になると、田んぼが金色に輝き、稲穂の頭が垂れる。実りの秋の到来だ。地元の蔵元「わしの尾」の田んぼでも収穫がはじまる。
 大更地区は、1712年に南部藩によって新田が開墾されて以来、稲作が盛んな地。また、岩手山からの伏流水が豊富なことから、酒造りに適した環境があったという。それから約100年後の文政12年(1829)、わしの尾は創業した。
 わしの尾は、岩手県内限定で販売されている日本酒である。「岩手県産の米を使い、岩手山の伏流水で仕込まれているから、地元で味わってこそ酒の本領が発揮される」という考えからだ。
 今では岩手県内で購入できるようになったが、ひと昔前までは八幡平でのみ販売していたという。それが盛岡市内を中心に岩手県内で購入できるようになったのは、松尾鉱山の歴史とも関係がある。
 松尾鉱山は、明治時代に発見され、一時期は国内の硫黄生産高の約3割を占め、「東洋一の硫黄鉱山」と呼ばれるまで成長した。しかし、昭和49年(1974)に閉山。これを機に盛岡市へと移住した従業員もいた。その人たちが松尾鉱山時代に飲んでいた酒の味を懐かしく思い、買い求めたことにあるという。
 彼らが愛し飲んだのが「鷲の尾 金印」だ。腰のある甘口の酒で、八幡平市民にとって晩酌や宴会には欠かせない酒となっている。そのほか、岩手県産米・ササニシキを使用した本醸造酒「雄飛」、地元の農家や酒販店とともに企画した純米酒「蔵の舞」などが好評だ。

岩手山を望む地にある、わしの尾の自社田。 岩手山を望む地にある、わしの尾の自社田。 歴史の流れ、先人たちの想いが感じられるわしの尾の母屋。 歴史の流れ、先人たちの想いが感じられるわしの尾の母屋。

過程ひとつひとつを
大事にした酒造り

 現在の蔵元は、8代目・工藤朋さん。先達の想いを大切にし、杜氏とともに酒造りに励んでいる。
 工藤さんに「わしの尾の酒造りに欠かせないものは?」と質問すると「米」という答えが返ってきた。日本酒は、米と水を原料とする。麹によって米が糖化されたブドウ糖が酒母によってアルコールになる。糖化と発酵というふたつの作用がひとつのタンクの中で行われる。
 「その中で米の果たす役割は大きいです。米の品質はもちろん、精米の仕方、洗米後の浸漬時間をどれくらいにするか……。ひとつひとつの過程が重要になってきます」
 蒸米でも、麹用、酒母用,掛米用とそれぞれの使用目的に応じて仕上げられる。
 工藤さんは、「昔からの酒蔵で昔ながらの手づくりで醸されるわしの尾の酒」と酒器のコラボレーションの企画などもしている。そこには、わしの尾の酒を通じて、八幡平市の魅力を発信したいという強い想いがあるからだ。
 「地酒は醸された地で、地元の食とともに味わってこそ本領を発揮する」
 八幡平市の自然の恵み、歴史、食、暮らしにつながるのがわしの尾の酒である。

①わしの尾の8代目蔵元・工藤朋さん。酒を通したイベントを行っている。 ②蒸した米は、木箱に広げられ、適度な温度まで下げられる。 ③発酵を促進するために行う櫂入れ。酵母の発酵状態に応じて行われる。 ①わしの尾の8代目蔵元・工藤朋さん。酒を通したイベントを行っている。 ②蒸した米は、木箱に広げられ、適度な温度まで下げられる。 ③発酵を促進するために行う櫂入れ。酵母の発酵状態に応じて行われる。

つくり手の愛する八幡平

稲穂の写真

 「わしの尾」で使用される米は、岩手県産がメインにしており、八幡平市内にも自社田を持っている。岩手山や八幡平から流れる雪解け水は冷たく、稲作には向かないという。しかし、自然の力を活用した「松川温水路」のおかげで水温が3度上昇し、米づくりを行うことができるという。先人の農業にかける想いが松川温水路と米づくりに表れている。

わしの尾

岩手県八幡平市大更22-158
TEL 0195-76-3211
わしの尾商品のご用命は、
澤口酒店ホームページを御覧ください。
http://sawaguti-saketen.com/