八幡平の作り手 八幡平市の特産を全国へ 冷涼な気候を活かしたそば栽培で
耕作放棄地を働く場所に
わんだい高原農場 小笠原寿男さん

メーカーの場所 イメージ写真

「耕作放棄地を再生し、雇用を生み出したい」
そのような願いから始まった「わんだい高原農場」の取り組み。
八幡平の風土を活かしたそば栽培は、
上質なそば粉を生み出し、多くのそば打ち職人から好評を得ている。

高齢者問題を解決し、雇用を生む
耕作放棄地の再生と活用

 八幡平市内には、農業者の高齢化により、耕作を放棄された畑や牧野がある。それを活用して、そばを栽培しているのが「わんだい高原農場」である。
 耕作放棄地とは、採算が合わない、手が回らないといった理由で放棄された農地のことをいう。放置された畑には雑草が生え、やがて木も生えてくる。それは地域によって負の遺産となり、場合によっては、周囲の田畑にも影響を及ぼす。
 それをなんとかしたいと思っていたのが、小笠原寿男さんである。
 耕作放棄地を再生し、面積と採算をカバーできる品目を選べば、耕作放棄地が減少し、雇用も生まれるのではないかと考え、仕組みづくりを始めた。耕作放棄地を借り、作業をできる農家に委託する方法をとった。
 選んだ品目は「そば」。冷涼な気候の八幡平市は、昔からそばの産地で、そば栽培に適している。しかも、栽培にはあまり手がかからないのもメリットだった。
 現在、小笠原さんは、仲間達とともに農事組合法人を設立し、そば栽培に取り組んでいる。
 そば畑のひとつが岩手山や安比高原を臨むわんだい高原にある。
 小笠原さんが運転する軽トラで山道を行く。しばらく行くと、いきなり森が開け、広大なそば畑が現れた。
 「ここは以前、牧野だったところです。馬や牛が放牧されることがなく、手付かずになっていました。そばに適した畑に耕し、土壌改良をし、そばの種を植え始めたのです」
 見わたすばかりのそば畑。白い花々の間をミツバチが蜜を求めて飛んでいる。耕作放棄地は、そば畑としてだけでなく、八幡平らしい美しい風景として蘇ったのだ。

①わんだい高原にあるそば畑。遠くには岩手山や安比高原が見える。 ②今後、耕作放棄地には、そばだけでなく、行者にんにくやワラビなど、ほかの作物を植える構想も持っている。小笠原さんと仲間たちは、少しでも耕作放棄地を減らすべく活動している。 ③「わんだい高原農場」で植えているそばは在来種。根元が赤く、白い花を咲かせる。 ①わんだい高原にあるそば畑。遠くには岩手山や安比高原が見える。 ②今後、耕作放棄地には、そばだけでなく、行者にんにくやワラビなど、ほかの作物を植える構想も持っている。小笠原さんと仲間たちは、少しでも耕作放棄地を減らすべく活動している。 ③「わんだい高原農場」で植えているそばは在来種。根元が赤く、白い花を咲かせる。

そば粉に最適な空間で
職人や店に合わせた加工をする

 収穫されたそばの実は、注文が入るたびにぬき実やそば粉に加工される。
 加工場へ行くと、エアコンがフル稼働していた。そばは暑さに弱い。品質を保つため、1年を通して一定温度を保っている。小笠原さんは、「うちにはエアコンがないのに、加工場にはあるんだよ」と笑う。保存庫は1年を通して8度に設定されている。
 注文が入るたびに加工するのは、そばの風味を残すためである。「わんだい高原農場」では、ぬき実、十割、二八、打ち粉の4種類に加工する。そば粉の荒さも店や職人の希望にあわせて、60メッシュと50メッシュに挽く。
 小笠原さんは、そば打ちもする。「しばらくやっていないからなぁ」といいながら、そばを打ってくれた。引き立て打ち立て茹でたてのそばは、香りがあり、口の中から鼻へと香りが抜けていく。思わず「うまい!」と声が出る。
 耕作放棄地を減らし、雇用を増やし、そばの産地・八幡平らしい風景をつくる。小笠原さんたちの活動は、これからも続けられる。

①ぬき実のそば。ぬき実を挽いて、そば粉に加工する。 ②のしたそばをたたみ、切っていく。そばを打ち慣れた小笠原さんの手にはよどみがない。 ③打ち粉に使うそばは、80メッシュと細かい。 ①ぬき実のそば。ぬき実を挽いて、そば粉に加工する。 ②のしたそばをたたみ、切っていく。そばを打ち慣れた小笠原さんの手にはよどみがない。 ③打ち粉に使うそばは、80メッシュと細かい。

つくり手の愛する八幡平

葉っぱに降りた霜の写真

 そば畑を飛び回るミツバチ。開花時期になると、地元の養蜂場がミツバチの巣箱を設置する。そして、集められた蜜は、「そば蜜」として販売されている。濃い茶色のはちみつは、そばの香りと味がする。

わんだい高原農場

岩手県八幡平市田ノ沢89
TEL 090-4888-8156

商品写真

わんだい高原 手打ち用二八そば粉(メッシュ♯50)

農事組合法人 わんだい高原農場

702円(税込)

商品番号:HC014-0036

わんだい高原の冷涼な環境で育った「わんだい在来蕎麦」は、いにしえから当地に伝わる貴重な食糧で、冷害常習地の民を救ってきた命の食材です。岩手の高原で育った蕎麦の旨味をそのまま包み込んだ、手打ち専用プレミックスそば粉です。

作り手の名 農事組合法人 わんだい高原農場
原材料名 蕎麦粉(岩手県産)・小麦粉
賞味期限 3か月
アレルゲン 蕎麦・小麦
容量 500g
配送タイプ 常温
取り扱い ・高温多湿、紫外線を避け、冷暗な場所で保管すること。商品の酸化を防ぐため入れている脱酸素剤を取り除いて調理すること
商品写真

わんだい高原 十割そば粉(メッシュ♯50・♯60)

農事組合法人 わんだい高原農場

1,296円(税込)

商品番号:HC014-0037

多様なメニュー材料として利用できますが、伝統的な「手打そば」は♯50の粗びき粉が、♯60のそば粉は「そばがき」をはじめ健康志向が高い人が注目している「そばガレット」や、「和洋菓子」に活用されています。

作り手の名 農事組合法人 わんだい高原農場
原材料名 蕎麦粉(岩手県産)
賞味期限 3か月
アレルゲン 蕎麦
容量 1,000g
配送タイプ 常温
取り扱い ・高温多湿、紫外線を避け、冷暗な場所で保管すること。商品の酸化を防ぐため入れている脱酸素剤を取り除いて調理すること
商品写真

わんだい高原 そば抜き実

農事組合法人 わんだい高原農場

756円(税込)

商品番号:HC014-0038

多様なメニュー材料として利用でき、健康志向を求める人の新規レシピに活用できます。「そばの実のトマトファルシュ」、「ぷりぷりそばトロ」など新たなメニューの提案がされています。

作り手の名 農事組合法人 わんだい高原農場
原材料名 蕎麦粉(岩手県産)
賞味期限 6か月
アレルゲン 蕎麦
容量 500g
配送タイプ 常温
取り扱い ・高温多湿、紫外線を避け、冷暗な場所で保管すること。