八幡平の作り手 暮らしの中の漆器 天然素材100パーセント
親から子へと受け継ぐ「漆器」
安比塗漆器工房
(安比塗企業組合)
工藤理沙さん

メーカーの場所 イメージ写真

漆器生産地として名を馳せた安代地区の「荒沢漆器」。
その流れを受け継いでいるのが、「安比塗漆器工房」である。
天然素材のみでつくられる「安比塗」の漆器の数々は、
暮らしの中でふだん使いできるものばかり。

漆器生産地だった安代地区
その伝統を受け継ぐ安比塗

 縄文時代より岩手県北地方は、ウルシの木が多く自生し、日本有数の漆の産地で、漆器が多くつくられたという。
 安比高原のブナ二次林もその名残だという。炭焼き用の木や漆器用の木地をつくるために原生林が伐採され、その後に生まれたのが二次林である。安比川上流で伐採された木々は、川を降って畑地区で器に成形され、荒沢地区に住む職人によって浄法寺で採取された漆が塗られた。それは「荒沢漆器」と呼ばれ、明治時代には隆盛を誇り、漆器生産に携わる人が約500名もいたという。しかし、昭和に入り、プラスチック食器の台頭により衰退していった。
 職人が減少していくなか、昭和58年(1983)、荒沢漆器の伝統を後世へ伝えるために「安代町漆器センター(現・八幡平市安代漆工技術研究センター)」が設立され、「安比塗」として、伝統を踏まえつつ、現代の食生活にマッチした漆器として生まれ変わった。

①安比塗の特徴は、表面が真珠のような光沢を放っていること。 ②下塗りを繰り返すことで、強度を増していく。 ③最後の仕上げは、埃が入らない別室で、細心の注意を払って行う ①安比塗の特徴は、表面が真珠のような光沢を放っていること。 ②下塗りを繰り返すことで、強度を増していく。 ③最後の仕上げは、埃が入らない別室で、細心の注意を払って行う

長く使いたい安比塗
使うほどに色艶を増す

 「安比塗」は、天然100パーセントの漆器。木地にはミズメザクラやトチなどの天然木を使い、漆は自社精製している。漆の自社精製にこだわる理由について、工藤理沙さんは、「精製の仕方によって光沢や粘度が変わり、仕上がりに影響がでるから」と話す。漆は時間が経つにつれ、硬くなっていく性質を持つため、木地にたっぷりと漆を染み込ませてから、何度も塗り重ねていく。塗っては研ぎ、研いでは塗っていく作業を繰り返す。そして、最後の仕上げ塗りに、浄法寺漆を使用する。
 「手間がかかる作業ですが、深い色と質感を出すために必要なのです」
 完成した漆器は、表面にわずかな凹凸があり、光が当たると柔らかな雰囲気になる。使っていくうちに表面が磨かれ、艶が増し輝いていく。また、上塗りが薄くなり、下塗りの漆の表面が見えてきて、趣が出てくる。
 「漆器は扱いが難しいといわれますが、実際は違います。洗ったら、乾いた布で拭くだけです。漆器は初めてという方は、汁椀や箸、スプーンから使うとよいと思います」と工藤さん。  親から子へと長く使うことができるため、結婚祝いや出産祝いにも最適という。最近は、「よいものを長く使いたい」という人の購入も多い。もちろん、修理も行っている。長年使っているうちに上塗りが剥げてくる場合もあるからだ。
 現在、安比塗漆器工房には、工藤さんを含め4名の女性塗師がいる。
 「伝統を踏まえながら、女性らしいデザインの漆器もつくっていきたいと思っています」
 漆器の良さは、口当たり、手に持ったときの感覚が馴染みやすいところにある。まずは実際に触ってみることをおすすめしたい。

①安比漆器工房の女性塗師たち。製作から販売までなんでもこなす。 ②安比漆器工房の代表・工藤理沙さん。奈良県から岩手県へ来て、「八幡平市安代漆工技術研究センター」で、安比塗を学ぶ。 ③安比塗漆器工房の店内。使い勝手のよい汁椀から重箱、片口まで、暮らしの中で使う漆器が並んでいる。 ①安比漆器工房の女性塗師たち。製作から販売までなんでもこなす。 ②安比漆器工房の代表・工藤理沙さん。奈良県から岩手県へ来て、「八幡平市安代漆工技術研究センター」で、安比塗を学ぶ。 ③安比塗漆器工房の店内。使い勝手のよい汁椀から重箱、片口まで、暮らしの中で使う漆器が並んでいる。

つくり手の愛する八幡平

葉っぱに降りた霜の写真

 安比高原のブナ二次林が誕生したのは約80年前。二次林は、伐採されたあとや焼失したあとに、自然または人為的に再生した樹林のことをいう。安比高原の場合は、炭焼きや漆器の木地に使用されるため伐採された。安比高原のブナ二次林には、散策道が整備され、春から秋にかけて散策する人でにぎわう。散策には、安比高原ペンションビレッジから兄畑方面へ行った先にある「ぶなの駅」からスタートするのがおすすめだ。

安比漆器工房(安比塗企業組合)

岩手県八幡平市叺田230-1
TEL 0195-63-1065
営業時間/9:30~17:00
定休日/月曜(祝日の場合は翌日休み)、年末年始
HP http://www.appiurushistudio.com/

商品写真

3,8寸汁椀

安比塗漆器工房

6,480円(税込)

商品番号:HC014-0033

見た目にもかわいらしい小ぶりな椀は手の小さな方にも持ちやすく、女性や子どもにも 人気の定番商品。見た目よりも容量が入るうえ安定感のある使いやすい形状は、漆椀の入門としておすすめです。

作り手の名 安比塗漆器工房
原材料名 水目桜・漆
カラー 本朱/溜
サイズ 直径114×高さ72ミリ
ご使用上の注意 ・使用後は長く湯水に浸けておかず、洗った後は乾いた布で拭いて下さい。 ・電子レンジ及び食器洗浄機でのご使用は避けて下さい。 ・直射日光があたる場所での保管は避けてください。
配送タイプ 常温
商品写真

ひめ小鉢

安比塗漆器工房

5,940円(税込)

商品番号:HC013-0034

通常の小鉢よりも小ぶりでかわいらしい「ひめ小鉢」。ころんとした形が持ちやすい人気の器です。夏はくずきりやあんみつを、冬は甘酒やおしるこを入れたデザートカップとしても重宝します。

作り手の名 安比塗漆器工房
原材料名 栃・漆
カラー 本朱/溜
サイズ 直径80×高さ70ミリ
ご使用上の注意 ・使用後は長く湯水に浸けておかず、洗った後は乾いた布で拭いて下さい。 ・電子レンジ及び食器洗浄機でのご使用は避けて下さい。 ・直射日光があたる場所での保管は避けてください。
配送タイプ 常温
商品写真

3,5寸片口

安比塗漆器工房

17,280円(税込)

商品番号:HC014-0034

一方に注ぎ口のある器を「片口」(かたくち)といいます。安代地方では昔、各家庭でにごり酒や甘酒が一般的につくられ、樽から片口に移し酒席で振る舞っていました。酒器のほか、ソースやドレッシングそばつゆ入れにも使えます。

作り手の名 安比塗漆器工房
原材料名 栃・漆
カラー 本朱/溜
サイズ 直径105×高さ70mm
ご使用上の注意 ・使用後は長く湯水に浸けておかず、洗った後は乾いた布で拭いて下さい。 ・電子レンジ及び食器洗浄機でのご使用は避けて下さい。 ・直射日光があたる場所での保管は避けてください。
配送タイプ 常温